【よく使うBusiness English20】I am regret to inform(or say) that ~

I am regret to inform(or say) that ~

大変申し上げにくいのですが~ /大変残念なお知らせですが~

ビジネスの現場は時に厳しい決断・態度が必要です。

仕事の提案や要求を断ったり、案件内容を白紙にしなければならなかったり、部下同僚の行為を諫めたり、または自分のミスを認め謝罪しなければならなかったり。

そういった場面で絶大な力を貸してくれるのがこの言葉です。

例:I am regret to say that we cannot offer further discount on this product.

大変申し上げにくいのですが、本製品へのさらなるお値引きはお答えすることができません。

We are regret to inform that our system had a service outage for 3 hours due to facility trouble.

大変残念なお知らせですが、当社システムは設備故障が原因のトラブルにより3時間に及ぶ機能停止障害がございました。

このような感じです。

あんまり使いすぎると卑屈すぎてしまいますが、ここぞという場面で丁寧にNOをいう場合や、オフィシャルな謝罪をする場合に必要な表現です。

Ryutaro (代表)東京グローバルモーニング代表

投稿者プロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る